2007年11月01日

長谷川裕一14



「明るい言葉、明るい発声、明るい表情。 このことを常に心がけて繰り返し続けていれば、明るいところを求めて人が集まり、自分の夢も明るい方向に向かって動き出すのです」


日本流-仕事はしあわせの種まきより)
posted by 浅草太郎 at 16:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 長谷川裕一 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月03日

大島健伸1



「私は「お金にも心がある」と思っています。こういうとヘンな顔をする人がいますけれども、じっさいお金に対する気持ちの持ちようはお金に見事に反映するものです。 もしお金は嫌いだとか、金なんて重要ではないと考えていたら、その人はお金に嫌われて、お金のほうから逃げて行ってしまう」

「プロフィール」

大島健伸(1948年生まれ・商工ファンド創業者)


異端の成功者が伝える億万長者(ビリオネア)の教科書より)
posted by 浅草太郎 at 06:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 大島健伸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大島健伸2



「お金というのは大事にして、可愛い子だから旅に出してやる。つまり大事に使ってあげたり、大事に投資をしてあげる。そうすれば友だちを大勢つくって、あるいは結婚をして子供を何人もつくって大家族になって帰ってくる。そういうものだと思っています」


異端の成功者が伝える億万長者(ビリオネア)の教科書より)
posted by 浅草太郎 at 06:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 大島健伸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大島健伸3



「ブリストルは「思えば夢は叶う」といっていますけれども、私はこれは事業に成功するコツでもあると思います。長い間ビジネスをやってきて、成功するには絶対に頭の中で成功のイメージを描けるようでなければならないと確信しています。具体的にイメージを思い浮かべて目標達成を念じる。そうすれば信念も固まります。そしてそれが成功の実現につながっていく。ビジネスもまさに「信念の魔術」です」

「関連書籍」

信念の魔術

異端の成功者が伝える億万長者(ビリオネア)の教科書より)
posted by 浅草太郎 at 06:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 大島健伸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大島健伸4



「私の主義として、子供の自尊心は絶対に傷つけないようにしてきました。「キミにはできないよ」という言葉は絶対に使わないようにしてきました。 だいたい私は「できない」「わからない」という言葉が嫌いなのです。これまでのビジネス人生のなかでも、一回も口にしたことがありません。(略)「できません」と、否定的な言葉を口にしたとたん、思考はストップしてしまうのです。何かに立ち向かっていこうというポジティブなエネルギーも消え失せてしまいます。 そういう思いがありますから、子供たちに向かっても、「そんなこと不可能だよ、できないよ」ということはやめようと決めていたわけです」


異端の成功者が伝える億万長者(ビリオネア)の教科書より)
posted by 浅草太郎 at 06:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 大島健伸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大島健伸5



「成功四原則」

考えが変われば、行動が変わる。
行動が変われば、習慣が変わる。
習慣が変われば、人格が変わる。
人格が変われば、運命が変わる。



異端の成功者が伝える億万長者(ビリオネア)の教科書より)
posted by 浅草太郎 at 06:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 大島健伸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。