2008年06月20日

藤田 田23

「わたしは、人間の本性は「悪」だという立場をとる。そういう立場をとってはじめて、自分をプロテクトしてビジネスができるという信念をもっている。性善説や勧善懲悪はあくまでも「水戸黄門」の世界で生きているフィクショナルなものであって、われわれの生きている現実の世界のものではないのである。 国際政治における日本が、とかくピエロじみて見えるのは、そのフィクションを現実だとカンちがいしているからなのだ。 現実は、ちょっとでも油断するとなにもかもむしりとられてしまいかねないものなのである。 だから仕事をする以上は、「性悪説」に立たないかぎり絶対に騙される。敗者になってしまう。一度敗れれば、復活するのは難しい。 とくにビジネスが国際的なものになるだろう今後は、ますます「性悪説」の立場にたたなければならないことは、自明のことだろう」


勝てば官軍―成功の法則・藤田 田 (著) より)
posted by 浅草太郎 at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 藤田 田 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。