2011年07月20日

駒井茂春8

「自分のおろかさ、至らなさに気がついた人こそ、新しく生まれ変われる人なのです。人生は、やり直しはできませんが、見直しはできます。いやな話を喜んで聞いて、反省をし、詫びることのできる謙虚な人は、必ずや将来伸びる人でもあると、私は信じています」

すべてを喜べる生き方―ダスキン会長 駒井茂春・祈りの経営語録より)
posted by 浅草太郎 at 08:17| 駒井茂春 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

駒井茂春9

「納得のいく苦労は、自分にはあまりプラスになりませんよ。むしろ、納得のいかない苦労こそが、人間を鍛えてくれるのです。いまは納得がいかなくても、きっと納得がいくときが来る。あえて納得のいかない苦労を自ら求めてこそ、成長への道が開ける」

すべてを喜べる生き方―ダスキン会長 駒井茂春・祈りの経営語録より)
posted by 浅草太郎 at 08:25| 駒井茂春 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

駒井茂春10

「困ったときこそ、チャンスなのです。私自身も長年仕事をしてきて思うには、「一生懸命していたら必ず面白くなる」ということです」

すべてを喜べる生き方―ダスキン会長 駒井茂春・祈りの経営語録より)
posted by 浅草太郎 at 08:35| 駒井茂春 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

駒井茂春11

「実際のところ、財産などというものは、棺桶に入れてあの世に持っていくわけにはいかないのです。それなのに、なぜ多くの人は、この世で他の人に喜んでもらうことに一生懸命努めないのでしょうか。私が神さまにお願いしたいことは、「どうか勇んで苦労させてくださいませ」ということです。自分自身が勇んでやれば、苦労は苦労でなくなります」

すべてを喜べる生き方―ダスキン会長 駒井茂春・祈りの経営語録より)
posted by 浅草太郎 at 08:42| 駒井茂春 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月26日

駒井茂春12

「金がなくても、物がなくても、つかむことのできる幸福があります。それは、自分のことばかり考えるのではなく、あなたの周りの人々のことを、愛情を持ってながめることです。喜びも悲しみも、温かい心づかいで見てあげれば、それだけ自分自身の人生が豊かになるのです」

すべてを喜べる生き方―ダスキン会長 駒井茂春・祈りの経営語録より)
posted by 浅草太郎 at 02:45| 駒井茂春 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

駒井茂春13

「本気ですれば大抵のことはできる。本気ですれば何でも面白い。本気でしていると誰かが助けてくれる。世のため人のために、お役に立とうと本気で働いている人は、幸福で立派です。あなたの人生が生まれ変わるチャンスとは、あなたの心が変わり、本気になることだと思います」

すべてを喜べる生き方―ダスキン会長 駒井茂春・祈りの経営語録より)
posted by 浅草太郎 at 02:51| 駒井茂春 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。