2008年07月18日

藤田 田25



「ビジネスの世界は「勝てば官軍」である。敗ければ即「倒産」しかないのである。 敗けてからいくらりっぱな理屈をならべたり、いいわけをしたりしても、なんの意味もない。 わたしたちは、親方日の丸の公営企業で働いているわけではないのである。公営企業は、いいわけや敗者の論理をならべたてていればどんなに赤字を出しても絶対に倒産はしない。 自民党の小泉純一郎議員が「三等郵便局を民営しろ」と主張して、当の郵便局長はもちろんのこと同じ自民党内の政治家たちから猛烈な反発をくらっているが、わたしは小泉議員の主張をもろてをあげて支持する。(略) くりかえしいっておこう。 ビジネスの世界は「勝てば官軍、敗ければ倒産」、その間に"灰色地帯"などはありえないのである。食うか食われるかの修羅場なのである」


勝てば官軍―成功の法則・藤田 田 (著) より)
posted by 浅草太郎 at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 藤田 田 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。