2008年08月01日

藤田 田37



「ゴミ一つでも捨てれば強制労働だという徹底した官僚国家主義体制のシンガポールと、対照的に国家なんぞはどうでもいい、何をしようと自由だという香港、両極端でありながら繁栄している現実を見ていると、統制でもなく自由競争でもない日本は実に中途半端で、だから行き詰ってオタオタしているという感をぬぐえない。 日本はいまや「経済」のみ伝々していても何も解決しない、「人間の生活」とはなんぞやということを真正面から取り上げ、考えていかなければならない時代になっているのである」


勝てば官軍―成功の法則・藤田 田 (著) より)
posted by 浅草太郎 at 16:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 藤田 田 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。