2011年07月20日

駒井茂春8

「自分のおろかさ、至らなさに気がついた人こそ、新しく生まれ変われる人なのです。人生は、やり直しはできませんが、見直しはできます。いやな話を喜んで聞いて、反省をし、詫びることのできる謙虚な人は、必ずや将来伸びる人でもあると、私は信じています」

すべてを喜べる生き方―ダスキン会長 駒井茂春・祈りの経営語録より)
posted by 浅草太郎 at 08:17| 駒井茂春 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。