2007年10月31日

長谷川裕一3



「人間、他人に自分をよく見てもらおうとか、自分の立派さを伝えたい、という思いが先に立つと、すくんでしまうのです。 逆に、相手が自分の上位に立ってくだされば、ラクです。(略)相手を上位に立たせるというのは、自分を卑下することではありません。 どんな時でも、どうしたら相手に喜んでもらえるか、心地よいと思ってもらえるか、何かお役に立てないかと考えて、自分を飾らない、ということです。 自分を飾らないから、どんな人とでも気軽に接することができるし、相手もオープンに心を開いてくれるのです」


日本流-仕事はしあわせの種まきより)
posted by 浅草太郎 at 07:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 長谷川裕一 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/63606478

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。