2007年11月03日

大島健伸4



「私の主義として、子供の自尊心は絶対に傷つけないようにしてきました。「キミにはできないよ」という言葉は絶対に使わないようにしてきました。 だいたい私は「できない」「わからない」という言葉が嫌いなのです。これまでのビジネス人生のなかでも、一回も口にしたことがありません。(略)「できません」と、否定的な言葉を口にしたとたん、思考はストップしてしまうのです。何かに立ち向かっていこうというポジティブなエネルギーも消え失せてしまいます。 そういう思いがありますから、子供たちに向かっても、「そんなこと不可能だよ、できないよ」ということはやめようと決めていたわけです」


異端の成功者が伝える億万長者(ビリオネア)の教科書より)
posted by 浅草太郎 at 06:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 大島健伸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。