2008年01月25日

藤田 田1



「わたしは、米と魚を食べてきた2000年来の日本人の食習慣を、20年後に成人となる子どもたちにターゲットをしぼることで変革できるという"長期大戦略"を構想した。30年で1サイクル、1回転するというビジネスの原則にのっとって、である。 わたしを「大風呂敷」と嗤った人も多かったが、それから25年、いまマクドナルドで育ってきた世代が親になり、その子たちとともにハンバーガーを食べている。(略) 「日本人の食習慣を変えてみせる」というわたしの"長期大戦略"は、みごとに大輪の花を咲かせたのである」


「プロフィール」

藤田 田(1926年3月13日-2004年4月21日・日本マクドナルド・日本トイザらス創業者)


勝てば官軍―成功の法則・藤田 田 (著)
より)
posted by 浅草太郎 at 19:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 藤田 田 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月26日

藤田 田2



「わたしの成功の基盤には、「宇宙はすべて78対22に分割されている」という大原則が、厳としてある。(略) たとえば、空気の成分は窒素78に対して酸素その他のもの22の割合になっている。(略) また面積を100とする正方形に内接する円の面積は78・5、正方形の残りの面積は21・5である。 空気も正方形もそれに内接する円も、みんな自然界に存在している現実である。(略) だということは、これは宇宙の法則、不変真理の法則なのである」


勝てば官軍―成功の法則・藤田 田 (著)
より)
posted by 浅草太郎 at 15:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 藤田 田 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月02日

藤田 田3



「金はある手から洩れてくる。金の絶対数がないところでは、いくら知恵をしぼっても洩れてはきはしないのである。 なんであれ、ビジネスは現実に金を持っている人から取らないとなりたたない。金を持っていない人びとを相手にしていては、どんなにあがいても商売できるものではない」


勝てば官軍―成功の法則・藤田 田 (著)
より)
posted by 浅草太郎 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 藤田 田 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月19日

藤田 田4



「山のてっぺんからモノを落とすのと、山のすそからモノを転がすのと、どっちがやりやすいのかというと、当然、てっぺんから流したほうがいいにきまっている。27年前に、デパートを説得してダイヤモンドを売出して大ヒットさせたのを手始めに、わたしは、この法則を守って成功した」



勝てば官軍―成功の法則・藤田 田 (著)
より)
posted by 浅草太郎 at 07:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 藤田 田 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月21日

藤田 田5



「商売には究極のところターゲットは二つしかない。「女」と「口」を狙う商売である」


勝てば官軍―成功の法則・藤田 田 (著)
より)
posted by 浅草太郎 at 00:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 藤田 田 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月24日

藤田 田6



「資本主義社会では、金がすべてである。金さえあれば、人生の問題の99パーセントは解決する。それが資本主義というものだ。日本人はまず「金」に対する農本主義的な考え方を捨て、金儲けができないのはバカだと思うようにならなければならない」


勝てば官軍―成功の法則・藤田 田 (著)
より)
posted by 浅草太郎 at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 藤田 田 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月01日

藤田 田7



「「きれいな金」「汚い金」といった金銭感覚はすぐさまきれいさっぱり捨ててしまうことだ。捨ててしまって、金儲けは人生の最重要事項だと心得ることだ。(略)金儲けにイデオロギーはいらないのである」


勝てば官軍―成功の法則・藤田 田 (著)
より)
posted by 浅草太郎 at 18:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 藤田 田 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月11日

藤田 田8



「アメリカの子どもの金銭感覚はシャープである。なぜならば、彼らには、日本の子どものように手を出せば一万円札をのせてくれるような大人はいないから、金を得るためには働かなければならないからだ。 親は子どもに、朝、新聞をとってきたらいくら、お使いに行ったらいくらというように、働かなければ金は入ってこないということを小さいときから徹底的に教え込む。だから子どもたちは、一セントの重みを肌で感じる」


勝てば官軍―成功の法則・藤田 田 (著)
より)
posted by 浅草太郎 at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 藤田 田 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月16日

藤田 田9



「わたしは、週休二日制なのに、月曜日に休むやつは最低だと思っている。社員にも、絶対に月曜日休んではダメだ、月曜に休むのなら出社に及ばずときつく言い渡している。だってそうではないか。土曜日、日曜日と休めば、その間に仕事はたまっているのである」


勝てば官軍―成功の法則・藤田 田 (著)
より)
posted by 浅草太郎 at 03:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 藤田 田 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月17日

藤田 田10


「ビジネスマンが数字に強くなければならないのは当然のことである。たとえば日本人は「今日はバカ暑いですね」とか「少し寒くなったようですな」とか、感覚的で曖昧ないいまわしをするが、そういう曖昧なことでは成功はおぼつかない。 外気の温度は何度、室内の温度は何度と数字で示すデジタル温度計がある。その温度計を見ると、温度差がはっきり数字であらわれている。人間の精神活動にもっとも適切な温度は摂氏18度だといわれている。とすれば、部屋の温度を23度にする必要はない。勉強するときは18度くらいにしておき、テレビを見たり友達としゃべったりするときは23度くらいにすればいいのである」


勝てば官軍―成功の法則・藤田 田 (著)
より)
posted by 浅草太郎 at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 藤田 田 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。